当社のソリューション

MultiBaas Bridge

CurvegridのMultiBaas Bridgeは、ブロックチェーンプラットフォーム間のデジタル資産の迅速で信頼性の高い安全な移動を促進するクロスチェーンポータルです。ERC20、ERC721、ER1155の資産を、Ethereum、Binance Smart Chain、xDaiなどのパブリックブロックチェーン間で双方向に移動させます。

課題

デジタル資産は、複数のブロックチェーンプラットフォーム上に存在する場合があります。ブロックチェーン間で資産を移動させることは困難ですが、ソースブロックチェーンから資産を削除し、ターゲットブロックチェーンに資産を作成することで実現できます。

以下の図は、資産移動のフローの例を示しており、以下のように動作します。

  • 転送:資産オーナーはERC20、ERC721、ERC1155のいずれかの資産をMultiBaas Bridgeアドレスに送信します。
  • イベント発生: MultiBaas Bridgeは、アドレス上のイベントを監視しており、Transferイベントをキューとして使用し、クロスチェーンでの資産移転を開始します。
  • 署名:適切なバーン(焼却)とミント(発行)のトランザクションは、エンタープライズウォレットによって署名されます。
  • Lock/Burn:資産がロックされたり、ソースブロックチェーンからバーン(焼却)されたりします。
  • Unlock/Mint:宛先のブロックチェーン上で資産がアンロックされたり、ミントされたり(発行されたり)します。
マルチバース・バーディッジ - Curvegrid

MultiBaas Bridgeの特徴

頑丈な基盤

MultiBaas Bridgeは主要なブロックチェーンプラットフォーム(Ethereum、Binance Smart Chain、xDaiなど)で動作するように構築されており、MultiBaasブロックチェーンミドルウェアをベースにしています。MultiBaasを使用することで、複雑なローレベルのブロックチェーンタスクを簡素化します。

分散型

複数のリレイヤーにより、有効なトランザクションのみがブロックチェーン間で受け渡されます。管理機能は統合されたマルチシグネチャーウォレットに委ねられ、さらなるセキュリティを実現しています。

フィナリティ

イーサリアムは最終的な一貫性のみを保証しており、チェーンの再編成は常に現実のものとなっています。待機するブロック数は、ブロックチェーンごとに設定可能です。例えば、BSCでは1ブロック待ち、Ethereumでは6ブロック待ちとなります。

トランザクション費用の柔軟性

焼却と発行のトランザクションにはトランザクション費用がかかります。この費用は、オペレーターが負担するか、取引時にETHまたは他の資産で支払うことができます。

発行・焼却、ロック・アンロック

資産の中には、自由に発行/焼却できないものがあります。そのような資産は供給量が決まっていたり、ユニークなものであったりします。そのような場合、スマートコントラクトは送信元のブロックチェーンでは資産を保管し、受信先ブロックチェーンではロックを解除します。受信先ブロックチェーンでの発行は、MultiBaasで行うこともできますし、資産発行者が行うこともできます。

ケーススタディ

DVISION NETWORKのためのMultiBaas Bridge



Dvisionの顧客は、Binance Smart ChainとEthereumブロックチェーンの間でデジタル資産を転送する機能を求めており、低コストで高速な取引とより良い流動性を最適化しています。

Dvisionの顧客は、異なるアプリやウェブサイトに切り替えることなく、Dvision VRアプリ内で直接 MultiBaas Bridgeを介して異なるブロックチェーン間でデジタル資産を転送しています。

  • お客様のコメント「ソリューションへの統合は MultiBaas Bridge 当社のソリューションへの統合は、予想よりもはるかに短い時間で完了しました。その 際、専門的なブロックチェーンの知識は必要ありませんでした。"
  • 開発リードタイム:2週間
  • コスト:ゼロからの開発に比べて10倍のコスト

デジタル資産をチェーンをまたいで安全に移動させたい。

DeFiプラットフォーム、アルゴリズムトレーディング戦略、分析ダッシュボードなど、お客様のビジョンを実現するためのお手伝いをいたします。

問い合わせる